リーマンショック以降に粗チンAV男優が人気になった?

突然ですが、リーマンショックをご存知でしょうか?

2008年9月15日にアメリカの大手投資銀行であるリーマン・ブラザーズが破綻。そのことが起因してアメリカはもちろんのこと、世界的に金融危機が発生したことを「リーマンショック」と言います。

日本ももちろん影響を受けることになり、日経平均株価は大暴落。急激な円高進行で輸出関連企業を中心に大打撃を被りました。

リーマンショックで粗チンAV男優が人気に?

その後、日本全体が不況に陥り一般市民にまで影響が出ました。そしてAV業界にも不況の波が押し寄せてくることとなり、粗チンAV男優の人気が出ることになります。

「リーマンショック」と「粗チンAV男優」との間に何の関係あるのでしょう。

小さいチンコのAV男優が人気になった理由。わかりますか?

私は最初このお題を出されたときわかりませんでした。なぜならAV業界では、小さいチンコより大きくて極太なチンコの需要が高いからです。

それなのに小さいチンコのAV男優が人気に…

小さいチンコのAV男優が人気になった理由

その答えは、AV女優への負担を減らすためです。

詳しく説明すると、リーマンショックによりAV業界も不況に陥り製作費が激減しました。

以前は3日間旅館を貸し切って撮影できていたのに、半日しか貸し切ることができなくなってしった程にです。

しかし、撮影内容は以前と同じまま。つまり、以前3日間で3本撮影していたとしたら、現在は半日で3本撮影することになります。

そのときAV男優のチンコが大きかったらどうでしょう?いくら挿入に強いマンコだとしても半日で極太チンコ相手に3回セックスはキツイと思われます。しかもアダルト動画用のセックスならなおさらです。

そして白羽の矢が立ったのがチンコの小さいAV男優。アダルト動画に欠かすことができないAV女優の身体に優しい小さなチンコが求められるようになったのです。

その中でも人気が急上昇したAV男優が「しみけん」です。

最近では、スカパー!アダルト放送大賞2015で「抱かれたいAV男優賞」を受賞したAV男優で、出演作品数は約7500本、セックス経験人数は推定8000人というカリスマAV男優。

無類のウンコ好きとしても有名ですね。「カレー味のウンコ」と「ウンコ味のカレー」どちらが好きですか?という究極の2択に「ウンコ味のウンコ」と即答した時は笑いました。

そんな、しみけんさんのような小さいチンコが人気にということですが、正解できましたか?

人気になったのは制作側、AV女優側からだったのですね。

私がこの問題を出されたとき、ずっとAVを観る側の視点で考えていました。

風が吹けば桶屋が儲かる的な話ではありますが、このお題の正解を導き出せた方はさぞかし女性にモテることでしょう。

コメントは受け付けていません。

カリビアンコム3日間無料プラン
FC2ライブ